top of page

CAE:モデルの接触設定

CAE上でお互いに独立したモデルが接触している、あるいは非常に近い距離にある場合

CAEの設定では自動的に接触条件が割り当てられます(ANSYSの場合)

この接触条件を設定することで片方のモデルが移動したり荷重を受けたとしても

もう片方のモデルに食い込んだりすることはありません。

接触条件は主に「ボンド接触」が一般的ですが他には「分離しない」「ラフ」といった設定もあります。

それぞれどのような挙動になるのか比較してみました

モデルⒶの上面に対して強制変位を与えた際に接触条件を与えたⒶとⒷの境界面でどのような違いが表れるのか?

接触条件によって境界面に発生する応力に大きな違いがみられました。

「ボンド接触」ではお互いに一体となるように力を受けるので発生応力は高い

「分離しない」条件ではお互いに滑るような挙動となり発生応力は低い

「ラフ」ではボンド接触よりも適度にくっついているので発生応力はボンド接触より低い

このように接触条件の設定だけでも発生する応力が異なります。

CAEでシミュレーション設定する際にはボンド接触が一般的な設定ですが、条件に応じて接触条件を見直すのも面白いかもしれません。

~関連記事~

閲覧数:3,275回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page