top of page

CAE:金型内樹脂流動シミュレーション

更新日:2022年12月22日

プラスチック射出成形シミュレーション:

金型内を樹脂が流れるときの、流れのパターン、圧力、温度などの数値を理論的に計算  する事で、成形における製品の不良や必要な設備を事前に予測するための数値解析を行う。


シミュレーションの必要性

 プラスチック射出成形には非常に大きな金型が必要である。プラスチックに熱を加えることで、プラスチックは可塑化溶融して流動性を発現する。しかし、溶融した樹脂は、非常に粘度が高く流れにくい。プラスチックの射出成形では、金型内を樹脂流動させるために、大きな圧力が必要である。その圧力は、1平方センチメートルあたり数100kgfも必要になり、金属製の金型を変形させることがある。金型は、高価であるため部品が破損すると部品生産ができなくなるので、そういった不具合を事前に予測し対策を取るためにシミュレーションが行われている。


 1.金型内樹脂流動解析

 2.金型冷却解析

 3.収縮・ソリ解析

 4.残留応力解析



~関連記事~


閲覧数:1,047回0件のコメント

Komentáře

Hodnoceno 0 z 5 hvězdiček.
Zatím žádné hodnocení

Přidejte hodnocení

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page