top of page

自動機(省力化)の自社開発

更新日:2022年12月21日

量産を見据えて工程設計を行う際、どこまで自動で出来るか出来ないかを判断して

機械や設備を準備する必要があります。

全自動は省力化に大きく貢献できる反面コストは高くなる傾向になりますが

自社開発のため、用途・生産数・予算に合わせた設備を低コストで導入可能です

自動機の導入事例

~関連記事~



閲覧数:287回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page