top of page

樹脂の粘弾性について

更新日:2022年12月21日

粘弾性とは、ばねのようにひずみと応力が弾性率を係数として比例する弾性的な性質と

液体の様にひずみ速度応力が粘性率を係数として比例する粘性的な性質の

両方の性質を示すことを言います。

身近なモノで例えるとおもちゃのスライムが粘弾性の性質を表します。


①弾性的性質

丸めたスライムを床に落として急な変形を与える➡弾性体のように跳ねる


②粘性的性質

丸めたスライムを放置➡粘性体のように流れる


上記で説明した粘弾性ですが樹脂も同様の性質を持っています。

樹脂は温度によっても変化し、温度が低くなると弾性体な挙動、温度が高くなると粘性体な挙動に近づくので、樹脂を溶融・冷却する射出成形のプロセスでは粘弾性の性質について十分に理解する必要があります。


~関連記事~




閲覧数:623回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page