top of page

CAE:ホットランナーバルブゲート

更新日:2022年12月22日

ホットランナーバルブゲートは、ランナー部分を加熱可能であることから、樹脂が溶融した状態で金型の製品部分に直接樹脂を注入できるホットランナーと、そのゲート部分にピンを入れて、そのピンを動かすことで個別に開閉できる様な構造を持っている。ゲートからの樹脂流入を各ゲート個別にコントロールできることからホットランナー金型に比べて金型内の樹脂充填を制御できるという意味では、成形加工の自由度が高い。しかし、自由度が高いだけに、成形時の制御方法というパラメータが増えておりバルブゲートシステムのゲート開閉に関する制御を成形時には管理する必要がある。


 解析側から見ると、ゲート位置の決定とともに、バルブゲートの開閉タイミングを計算時に必要とされ、解析を行うための境界条件の組み合わせがさらに複雑となる。


ゲート位置やゲート開閉タイミングによっては、理想的な充填ができない場合もある。上記の様な充填が理想的である様な場合には、金型設計時にガス抜きの加工を行う必要がある。


~関連記事~


閲覧数:543回0件のコメント

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page