top of page

金属3Dプリンター:金型3Ⅾ冷却配管

更新日:2022年12月22日

従来では金型の冷却管は立体形状で追加することはできず、冷却時間が短くすることが困難でした。また、連続成形中に金型温度が上昇しソリ変形の要因ともなっていました。

そこで弊社では金型の冷却管を立体的に追加することで冷却時間の短縮並びに成形品の寸法安定性向上に役立てることが出来ました。



この3D冷却配管は射出成形機と金属3Dプリンターを両方所有する三光合成ならではの技術となっております。


~関連記事~

閲覧数:268回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page