top of page

ウェルドラインとその影響

更新日:2022年12月21日

樹脂成形品において、形状が複雑化するほど金型内で樹脂が分流→合流を繰り返すので

ウエルドラインが増える傾向にあります。


例えば穴を有する成形品の場合

成形品が多点ゲートで成形されている場合

通常、ウエルドライン付近では樹脂合流する際に分子や繊維配向が流動方向に対し直交方向になりやすいので材料物性が低下してします。

そのため、穴に対して製品を固定しようとした場合、ウエルドラインで先に破壊するパターンが多く、想定よりも強度が持たなかったケースが多くあります。

対策として製品設計の段階で樹脂流動解析を使ってウエルドラインの位置をコントロールしたり、構造解析を利用して穴に加わる応力などを事前に予測する必要があります。


~関連記事~

閲覧数:369回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page