top of page

3Dプリンター:ラティス構造

更新日:2022年12月21日

金属3Dプリンターでは通常の切削加工では作り出せない形状を造形できることが

最大のメリットとなります。弊社では金型入れ子部品として活用を進めております。

最近では、そのままソリッドで造形するよりもラティス構造化して造形することで

材料費や造形時間といったコスト削減も可能となってきております。

ラティス構造とは枝状に分かれた格子を周期的に並べることで立体物を作り出す構造となります。枝の太さやピッチを変えることで剛性・強度をコントロールすることが出来ます

しかし、空間を有する構造体となりますので強度要件を満たすか、事前にCAEを使って構造解析を実施します。

射出成形の場合、樹脂圧(圧力)に耐えられる強度と繰り返し荷重を想定した疲労強度を考慮する必要があります。


➡CAE構造解析についてはこちらから

➡3Dプリンターの造形プロセスについてはこちらから

➡3Dプリンターの注意点についてはこちらから

➡ガス抜き入れ子 SG-WINDのご紹介

➡3Dプリンターで造形するガス抜き入れ子

閲覧数:414回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page