top of page

用語解説:射出成形における「ガス」とは

更新日:2023年7月13日


(樹脂パージの様子 白い煙が樹脂から発生したガスになります)


樹脂から発生するガスは、樹脂内に含まれる揮発性成分や分解生成物が高温下で気化・ガス化したものです。射出成形プロセスにおいて、樹脂が加熱されて溶融されると、樹脂内の揮発性成分や添加剤、分子構造の一部がガスとして放出されることがあります。

樹脂から発生するガスの主な要因は以下の通りです。

  1. 樹脂の揮発性成分: 樹脂材料には、製造プロセスや原料によって添加された可塑剤、溶剤、脱型剤、安定剤などの揮発性成分が含まれる場合があります。射出成形プロセスにおいて、これらの成分は高温下で気化し、ガスとして放出されることがあります。

  2. 分解生成物: 樹脂は高温や加圧などの条件下で分解することがあります。分解反応によって生じるガスは、樹脂の化学組成やプロセス条件によって異なります。例えば、ポリマーの分解によって生成されるガスは、二酸化炭素、一酸化炭素、メタン、揮発性有機化合物などがあります。

これらのガスは、射出成形中に成形品内部や表面に気泡や気孔を形成する可能性があります。ガスの発生は、成形品の外観や物理的特性に影響を与えるため、設計やプロセス管理の最適化が重要です。材料の選択や添加剤の最適化、プロセス条件の制御などにより、ガスの発生を最小限に抑えることが求められます。


閲覧数:227回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page