top of page

用語解説:金型における「ガスベント」とは

更新日:2月19日

金型のガスベントは、金型内に発生する気体(ガス)を排出するための設計要素です。

金型は、プラスチックや金属などの材料を特定の形状に成形するために使用されます。

成形時には、材料が加熱されたり加圧されたりしますがこの加熱や加圧により

金型内(キャビティ)に気体が発生することがあります。

気体が金型内に閉じ込められると、不均一な成形や欠陥が生じる可能性があります。

また、気体が断熱圧縮で発火した際には金型を腐食させたり、金型と成形品の接触面に不良を引き起こすこともあります。

ガスベントの形状とレイアウト

ガスベントは、これらの問題を解決するために設計されます。

ガスベントは通常、金型の一部に組み込まれ、金型内の気体を排出するための経路を提供します。金型が閉じられるときや材料が注入されるときに、ガスはガスベントを通って金型から外に排出されます。

ガスベントの設計は、金型の形状や材料の特性に応じて最適化されます。十分なガスベントが設けられていないと、気体が金型内に閉じ込められる可能性があります。逆に、過剰なガスベントが設けられると、材料の漏れや不均一な成形が発生する可能性こともあります。

ガスベントは、金型製造業や成形プロセスの設計において重要な要素であり、高品質な製品を作るために考慮されるべき要素です。


閲覧数:454回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page