top of page

ファミリー型と充填バランス

射出成形金型において、1つの金型に複数の部品形状を掘り込んだ金型をセット取り金型、あるいはファミリー型と呼んでいます。

メリットとして1つの金型で複数の部品を同時に成形できるので金型費用や成形時間、工数を抑えることが出来ます。

一方で部品形状によっては充填バランスが取り辛く部分的にショートショットが発生し、不良になりやすいのがデメリットになります。

弊社では車両用エアコンレジスターにおいてファミリー型を使った量産実績があります。

充填バランスを取るにはランナー長を合わせることは勿論、最終充填のタイミングを合わせる必要があるので、製品に捨てタブを設けることで充填バランスを取ります。


また、射出条件の設定によっても充填バランスを取る方法もあります。

製品形状やロット数によって最適な量産方法を提案いたします。


~関連記事~



閲覧数:435回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page