top of page

バスバー部品の取り組み①

更新日:2022年12月21日

バスバーとは銅板を絶縁樹脂で被覆した部品のことで自動車用バッテリーなど大容量の電流を効率よく分岐するために使われます。バッテリー以外でも電気自動車に多く使用される傾向があります。

弊社内でもバスバー部品の開発に取り組んだ経緯がありますが

板金をインサートしようとすると、樹脂の流動&圧力により金型内で板金が移動したり変形したりします。その結果、樹脂の肉厚が偏肉になってしまう・満足に被覆できずNGとなることが多いです。

インサートする板金は通常金型の保持ピンにより固定されますが、上下方向(cav/core)は保持できても、左右方向に満足に保持できないことが分かりました。

そこで我々は樹脂の射出圧にも負けない板金の保持方法を検討し、樹脂の偏肉を可能な限り均一にさせました。


~関連記事~


閲覧数:696回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page