top of page

CAEで見る3次元冷却配管の効果

更新日:2022年12月21日

一般的な機械加工で設計した冷却配管と金属3Dプリンターで造形した冷却配管(3次元配管)で製品温度にどのくらい差があるかCAEを使って解析検証しました。

最高温度のピーク値は10℃程違いがあり、特に円形の広い面に温度分布の差がみられました。(冷却時間は両者同じ時間に設定)

温度分布の発生は成形サイクルが長くなるだけでなく、製品取り出し後のそり変形に影響を与えます。3Dプリンターによる入れ子造形は確かに工数はかかりますが量産後の工程を考えると早期に導入検討した方がコスト削減になるのかもしれません。




閲覧数:141回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page