top of page

用語解説:「射出成形」とは

更新日:2023年7月19日

射出成形(しゃしゅつせいけい)は、プラスチックや金属などの材料を熱した状態で射出口から射出し、成形する製造プロセスのことを指します。

射出成形は、工業製品や消費財の製造に広く使用されている一般的な製造方法です。

射出成形のプロセスは、まず射出成形機に原料となるプラスチックや金属を供給します。供給された材料はホッパーに貯められます。材料は下にある高温に熱せられたシリンダーの中にスクリューまたはプランジャーと呼ばれる装置によって運ばれ、加熱され、溶融されます。溶融した材料は射出口から射出され、金型に注入されます。

金型内部で材料は冷却され、固化して所望の形状が得られます。冷却時間が経過すると、金型は開かれ、成形された部品が取り出されます。このプロセスは非常に迅速であり、大量生産に適しています。

射出成形は、幅広い形状とサイズの製品を製造することができます。自動車部品、家庭用品、電子機器、医療機器など、さまざまな産業で使用されています。射出成形は高い精度と一貫性を持ち、比較的低コストで大量生産することができるため、製造業界で非常に重要な技術となっています。

閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page