top of page

射出成形の原理と概要

更新日:2022年12月21日

射出成形の原理は【溶かす】【流す】【固める】の3つの基本動作の変化です

射出成形法はプラスチック成形法の代表的なもので、最も合理的で生産性が高く、高品質な成形品の生産が可能です。現在、熱可塑性のほとんどがこの射出成形法になっています。


射出成形機はプラスチック材料を溶かして射出する射出機構と、金型を高圧で締め付ける型締め機構、これらを制御する制御機構で構成されます。

プラスチック材料はホッパーから加熱シリンダー内に落下し、スクリュ(プランジャによって移送可塑化され、金型内に注入後、冷却固化して成形品となります。

~関連記事~



閲覧数:143回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page