top of page

CFRP:振動溶着における強度検証

更新日:2022年12月21日

射出溶着では溶着に十分な熱量が得られず、溶着強度を確保できなかったので

瞬間的に樹脂を溶着温度まで昇温できる振動溶着による検討を実施しました。

こちらを振動試験用の治具を用いて溶着します

                 振動溶着結果

試験結果

          プリプレグの層間まで溶着している様子を確認

              溶着断面の様子(SEM画像)

断面観察では樹脂成形品に含まれるガラス繊維がプリプレグのCFRP層と絡み合う領域を確認できます。これにより樹脂だけでなく繊維の強度も付加されるため、実用レベルまで溶着強度を確保することが出来ると考えらます。

一方でデメリットとしては

・溶着バリ発生による二次加工 ・位置精度が出しにくい等あります。

上記の課題をクリアし、CFRPの用途開発を進めていこうと思います。


~関連記事~


閲覧数:93回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page