top of page

CFRP:リブ一体型成形(熱可塑性)②

更新日:2022年12月22日

従来型の問題点を確認します

リブ形状に対し、そのまま充填させようと思っても金型リブ内のガスの逃げ場がなくなり

充填不良を起こしてしまいます。高圧条件で無理やり充填させようとするとガス焼け発生の要因にもなります。

そこでリブ先端を分割構造にし、ガス抜き構造を取り入れました。

この構造を取り入れることで低圧でも材料の充填不良を減少させることが可能です。

ガス抜きのクリアランスは材料によって変化させる必要があります。


~関連記事~

閲覧数:46回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page