top of page

用語解説:射出成形金型におけるアンギュラピンとスライドコアとは

更新日:6月6日

アンギュラピンとスライドコアの説明

射出成形金型におけるアンギュラピン(角度ピン、アングルピン)とは、成形品からアンダーカット部分を取り外すために使用される特殊なピンです。アンダーカットは、成形品が金型から直接引き抜くことができない形状部分を指します。アンギュラピンは、このような複雑な形状を効率的に脱型するために設計されています。


アンギュラピンの役割と機能


  1. アンダーカットの回避 成形品のアンダーカット部分を形成し、脱型時にそれを回避する役割を持ちます。

  2. スライド機構の駆動: アンギュラピンはスライドコア(スライド部品)と連動し、金型の開閉動作に応じて特定の方向にスライドさせます。これにより、アンダーカット部分を解放し、成形品を安全に脱型することができます。

  3. 角度の設定: アンギュラピンは斜めに取り付けられており、金型が開くときにピンが斜め方向に移動します。この動きにより、スライドコアが横方向に引き出され、アンダーカット部分が解放されます。

アンギュラピン設定角度の注意点

アンギュラピンの設計と配置


  • 角度: 通常、10度から25度の範囲で設定されますが、具体的な角度は成形品の形状やアンダーカットの深さによって決まります。


  • 配置: アンギュラピンは、金型内の特定の位置に配置され、スライド機構と適切に連動するように設計されます。


  • 素材: 耐久性と精度が要求されるため、通常は高硬度の工具鋼や特殊な合金で製造されます。


使用上の注意点


  • 摩耗とメンテナンス: アンギュラピンは頻繁に動作するため、摩耗しやすい部品です。定期的なメンテナンスと交換が必要です。


  • 設計の精度: 成形品の品質に直結するため、設計段階での精密な計算とシミュレーションが求められます。


アンギュラピンは、射出成形金型において重要な役割を果たす部品であり、アンダーカットのある複雑な成形品を効率的かつ高品質に製造するために不可欠です。適切な設計とメンテナンスにより、成形プロセスの効率と製品の品質を大幅に向上させることができます。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page