top of page

中空成形技術(GAS INJECTION MOLDING)


中空成形で作られているプラスチック製品はペットボトル、洗剤容器など我々の身近に多くあります。今回は中空成形の基本原理についてご紹介します。


【基本原理】

熱可塑性の射出成形で、樹脂の射出後(一部途中)に高圧ガス(窒素)を注入し、このガス圧により保圧することで成形品のヒケ、ソリ等を改善する成形法である。

低圧成形

 樹脂保圧が無いこと、及びガスチャンネルによる流動支援効果により、低圧で成形可能

 ただし、樹脂流動に耐える型締め力は必要。一般的にはソリッド成形の35%程度まで可。


中空率

 キャビ体積に対する樹脂射出量で決まるが、一般工業部品では8%以下

 ショートショット法では35%程度まで可。


ガス注入

 成形機ノズル ➡専用ノズル必要

 ランナー、キャビ ➡可動式 シンプレスノズル

           固定式 AGI方式(スリーブ)


装置

 圧縮+注入制御の装置

 30NM^3/日 6,000,000~8,500,000円

 90NM^3/日 8,000,000~12,000,000円


樹脂

 制約なし。ただし、射出時の型内圧が低い樹脂の方が容易


閲覧数:81回

最新記事

すべて表示

Comments


プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page