top of page

ホットスタンピングによる表面処理と加工方法

ホットスタンピングはプラスチックの表面処理のうち特に外観を向上させるための加工法である。その加工方法はホットスタンプ用箔を成形品の表面にのせ、箔の表面から熱と圧力を加えることにより、箔に印刷されたパターンを転写するものである。

密着は箔に印刷された化学反応材が樹脂と反応することで保たれる。


①ホットスタンピングの特徴

 (a)製品の外観を向上させるために最も手軽に使用される方法で、条件設定さえ行えば

  作業者の熟練度はあまり必要としない。

 (b)箔の印刷はグラビア印刷などで行われているので、パターンが鮮明でかつ自由な模様が

  選定できる。天然木目、大理石など写真に撮れるパターンであれば、如何なるパターン

  でも転写が可能である。

 (c)有機溶剤を使用しないので作業環境がよい。


②ホットスタンピングの留意点

 (a)ホットスタンピングはその特性上、くぼみの側面や底面には転写できない

  そのため立体感のないデザインになる場合もあるので注意が必要である。

 (b)ホットスタンピングの対象樹脂はポリスチレン、ABSなど非晶性樹脂が一般的であるが

  ポリプロピレンなども工程や箔を選択すれば可能である

 (c)成形品のヒケ・反りなどが密着強度を低下させたり、ホットスタンピング後に熱ひずみ

  により若干の反りなど発生する場合があるため注意を要する。


③ホットスタンピングの種類

 表1にその種類と特徴を示す


表1 ホットスタンピングの種類と特徴

④ホットスタンピングの用途

 車両部品の内装、外装、弱電機部品全般


⑤ホットスタンピングの不良

 表2に不良の種類を挙げる

表2 ホットスタンピング不良の種類と対策


⑥ホットスタンピング箔

 図1に箔の概略図を示す。


閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page