top of page

プラスチックへの印刷技術

樹脂成形品は成形金型から取り出したときは2色・多色成形を除き単一色で出来ています

この成形品から更に製品としての付加価値を持たせるためには二次加工で印刷を行います。PCのキーボード等は文字が印刷された初めて製品としての役割を果たします。

プラスチックの印刷にはいくつか方法があり、今回は3つご紹介します。


①シルクスクリーン印刷

昔は絹布を版の素材としていたことからシルク印刷と名付けられました。

印刷パターン対象外の網目を化学反応などをりようして塞ぎ、印刷パターンだけインクが通貨するような版を作成する。これを成形品の表面にあてがいスクイージなどを使って印刷パターンのとおりにインクを通過させ、成形品の表面にインクを密着させる方法である。シルク印刷の版は比較的安価に作れるうえ、印刷加工時の設備費も少なくて済む。

Tシャツのプリントなどにも利用されています


②タンポ印刷(パッド印刷)

成形品の曲面、平面問わず印刷できる方法で、シルク印刷に比べて生産性が極めて高く

生産ラインの一部に自動機として組み込むことも可能である。

一方で導入には設備が必要となる。


③レーザーマーキング

溶剤を使わずに、文字やパターンを樹脂の表面に形成することができるので、シルクスクリーン印刷やタンポ印刷の一部を置き換える使い方が出てきている。また、最近はリサイクル時の樹脂の物性低下が無いという特徴もあり、環境に易しい印刷方法として注目されている



閲覧数:132回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page