top of page

芳香族ナイロンの成形実績

更新日:2022年12月21日


芳香族ナイロンは高温機械製や耐薬品性が求められる用途にて使用されます。

既存のポリアミド樹脂の樹脂融点よりも高いので生産設備に特異性が求められます。

★金型構造

汎用金型の使用温度(20~80℃)に比べて160~180℃と高温になります。

そのため、温度制御は水で対応できないのでカートリッジヒーターや油循環温調等を使用します。

金型や周辺機器が熱膨張により動作不良を引き起こすので作動部設計、組立調整にノウハウが必要になります。

制御器等、汎用品で対応できない場合は内製可能です。

★製品例

            車両用ウォータージャケット部品


~関連記事~

閲覧数:46回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page