top of page

発泡成形技術(SG-FORM)の高外観化の取り組み①

更新日:2023年6月27日

従来、発泡成形品においてガスカウンターを利用することで表面の高外観化を実現してきたが、材料がガラス繊維強化樹脂の場合、繊維やフィラーが表面に浮き出てしまい、外観不良となっていた。

そこで弊社ではガラス繊維入り強化樹脂の成形においてHeat&Cool成形を行い

上記の課題を解決に導くことが出来た


~関連記事~


閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page