top of page

用語解説:射出成形金型に付着するモールドデポジットとは?

更新日:4 日前

射出成形金型に付着するモールドデポジット(Mold Deposit)は、成形プロセス中に金型の表面に蓄積される不純物や残留物のことを指します。これらのデポジットは成形品質に悪影響を及ぼし、以下のような問題を引き起こすことがあります:

  1. 成形品の外観不良: デポジットが製品表面に転写され、表面に汚れや肌荒れ部分が生じることがあります。

  2. 寸法精度の低下: デポジットが金型のキャビティ内に蓄積されると、成形品の寸法に誤差が生じる可能性があります。

  3. 金型の機能不良: デポジットがスライド部やエジェクターピンに付着すると、金型の動作がスムーズでなくなり、成形サイクルに影響を与えることがあります。

モールドデポジット発生による肌荒れ不良の画像

モールドデポジットの原因

モールドデポジットの主な原因には以下のようなものがあります:

  • 材料の分解生成物: プラスチック材料が高温で分解し、揮発性の副生成物が金型表面に付着することがあります。

  • 添加剤の揮発: プラスチック材料に含まれる添加剤(可塑剤、難燃剤、色素など)が成形中に揮発し、金型に付着することがあります。

  • 潤滑剤の残留: 成形機に使用される潤滑剤が金型表面に移行し、デポジットとして蓄積することがあります。

  • 外部からの汚染物質: 成形環境からの埃や油分が金型に付着し、デポジットとなることがあります。

金型に付着したモールドデポジットの画像

モールドデポジットの対策

モールドデポジットを防ぐための対策には以下のようなものがあります:

  • 定期的な金型の清掃: 定期的に金型を清掃し、デポジットを取り除くことで、蓄積を防ぎます。

  • 材料の選定: 分解しにくい材料や揮発性の低い添加剤を使用することで、デポジットの発生を抑えます。

  • 成形条件の最適化: 成形温度や冷却時間を最適化することで、材料の分解を防ぎます。

  • 金型コーティング: 金型表面に特殊なコーティングを施すことで、デポジットの付着を防ぐことができます。

これらの対策を講じることで、モールドデポジットの発生を抑え、成形品の品質を維持することが可能になります。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen

Beoordeeld met 0 uit 5 sterren.
Nog geen beoordelingen

Voeg een beoordeling toe

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page