top of page

用語解説:プラスチックのマテリアルリサイクルとは?

更新日:4 日前

ペットボトルのマテリアルリサイクルの様子

プラスチックのマテリアルリサイクルとは、使用済みのプラスチック製品を回収し、新たなプラスチック製品の原料として再利用するプロセスを指します。この方法は、プラスチック廃棄物を物理的または化学的に処理して、新しいプラスチック材料を生成することに焦点を当てています。以下に、マテリアルリサイクルの主要な手順と特徴を説明します。


主な手順

  1. 収集と分別: 使用済みプラスチック製品を収集し、種類ごとに分別します。プラスチックの種類は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)など、異なる性質を持つため、正確な分別が必要です。

  2. 洗浄: プラスチック製品を洗浄して、汚れや異物を除去します。これにより、再生プラスチックの品質を向上させます。

  3. 破砕: 洗浄後のプラスチックを小さな破片やフレーク状に破砕します。これにより、次のプロセスでの取り扱いが容易になります。

  4. 再加工: 破砕されたプラスチックを溶かして、ペレットや粒状に再加工します。このペレットが新しいプラスチック製品の原料となります。

  5. 新製品の製造: 再生プラスチックペレットを使用して、新しいプラスチック製品を製造します。このプロセスは、射出成形や押出成形などの方法を使用して行われます。


特徴と利点

  • 資源の節約: 新しいプラスチック原料の需要を減らし、天然資源の消費を削減します。

  • エネルギーの節約: プラスチックを再生する過程で使用されるエネルギーは、新しいプラスチックを製造する過程よりも少ないです。

  • 廃棄物削減: プラスチック廃棄物の埋め立て量を減少させ、環境への負担を軽減します。

  • 経済的利益: 廃棄物管理コストの削減や再生プラスチックの販売による経済的な利益が期待できます。

課題

  • 分別の難しさ: プラスチックの種類や汚染の程度によって分別が難しい場合があります。

  • 品質の問題: 再生プラスチックの品質が新品プラスチックに劣ることがあり、一部の用途には適さない場合があります。

  • 経済性: 市場価格や再生プロセスのコストによって、経済的なメリットが得られにくい場合もあります。

  • 環境負荷

  粉砕機や押し出し機の使用により電気の使用や二酸化炭素の排出が増えること。


マテリアルリサイクルは、環境保護と持続可能な資源利用の観点から非常に重要な取り組みですが、技術的および経済的な課題も存在します。これらの課題を克服するためには、技術の進歩や政策の支援が必要です。

閲覧数:31回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 Comment

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
Guest
5日前
Rated 5 out of 5 stars.

参考になりました😆💩

Like

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page