top of page

CAE:メッシュ設定

更新日:2月16日

CAEでは3Dデータそのものを使用して計算している訳ではなく、メッシュと呼ばれる要素に置き換えて変形量や応力の計算を行います。

モデルのメッシュ化

メッシュは細かいほど変形量や応力の計算精度が上がると言われています。

メッシュはサイズだけでなく、形状にもいろいろな種類がありますが

3D形状ではヘキサメッシュとテトラメッシュの2種類が主流と言えます。

メッシュ作成方式の違いによる作られ方の違い

ヘキサメッシュは六面体で構成されており、計算精度が高いを言われています。

テトラメッシュは四面体で構成されており、計算精度は劣るものの、形状の再現度は高くなります。

そのため、解析設定では可能な限りヘキサメッシュで作成し、不可であればテトラメッシュに切り替えて作業を進めます。

これが、メッシュ設定において重要です。


~関連記事~


閲覧数:223回0件のコメント

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page