top of page

金属3Dプリンター:独自造形技術①

更新日:2022年12月21日

設備導入時

造形物面粗さが11μm(Rmax)で磨き加工を必要としていた

そこで、当社ノウハウである【切削工具 加工パターン 切削条件】を最適化し

面粗さを5μmまで下げることが出来ました

これにより造形後の磨き加工が不要となり、生産効率アップとなります。


~関連記事~




閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page