top of page

誘い込みピンを利用したインサートカラー圧入不良の低減

インサートを金型内にセットし射出成形と同時に成形を行うインサート成形は

後工程を必要としないため、量産に必要不可欠な成形技術と言えます。

しかし、インサートを金型内へセットする機械やコーチングにコストがかかるため

生産数が少ない製品の場合は後工程でインサートを冷間圧入するケースもあります。

例えば下記の製品は4つのインサートカラーが冷間圧入されております。

インサートカラーが使われる製品

この冷間圧入時に問題となるのは、インサートをセットする際に製品面がC面となっているのでインサートが傾いてセットされる可能性があることです。(安定してセットできない)

インサートカラーセット OKとNG

インサートが傾いたまま圧入されるとバリが多く出てしまったり割れ等が発生します。

インサートカラーによるバリ不良

そこで誘い込みピンを使った治具を作成しインサートカラーの中心が決まるようにしました。ピンはそのままですと圧入ヘッドと干渉してしまうので誘い込みピンの下にバネを仕込み、可動出来るようにしました。これによりインサートカラーの中心を保持したまま圧入が可能になります。

誘い込みピンを使った誘い込み治具
誘い込み治具の実物

この治具の採用により20万台の量産でも圧入不良をゼロにすることができました。

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page