top of page

発泡成形技術(SG-FORM)の高外観化の取り組み②

更新日:2023年6月27日

Heat&Coolを実現するには専用の設備が必要となります。製品形状と成形サイクルを考慮して装置を選択する必要があります。

電気式は、加熱時間を短くできるので、蒸気式に比べてサイクル短縮が可能です

Heat&Coolシステム構成

成形サイクルに連動して、加熱・保温・冷却を1サイクルで行います。


~関連記事~


閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page