top of page

異材質同時成形法

異材成形とは1つの金型で異なる材料を一体成形品として成形する方法です

メリット

・単一材質では出せない機能性(触感、シール性、耐摩耗性など)を持たせることが可能

・組立工数を省くことができ、コスト削減になる

・接着剤を使用しないため、環境面に優れる

・継ぎ目をなくすことが可能

注意点

・射出ユニットが2つある専用成形機が必要

・金型構造上の制限があるので平面的な製品にのみ適用可能

~関連記事~


閲覧数:218回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page