top of page

射出成形用の金型製作手順

三光合成は、以下の手順で射出成形用の金型を製造しています。


(1) 金型計画

 製品部品図面を受け取る 成形仕様書や金型仕様書を打ち合わせする。

 この時点で大日程を計画する。


(2)設計

 金型レイアウト(構造検討)、組立レイアウトの最終決定

 組立図、部品図の作成 設計製図 図面出し 材料取り図 材料取りリストの作成


(3) プロセスプランニング

 金型図面、部品取り、部品リスト、部品配置など、小日程の計画をする。


(4) 研磨作業

 モールドベース

(吊り穴加工、研削加工(グラインダー)、中ぐり加工(NCフライス盤)、ポケット加工(NCドリルマシン))


(5) 荒削り作業

  荒加工、粗加工(NCフライス盤)、仕上げ加工(NCフライス盤、放電加工)、穴あけ加工(NCドリルマシン)


(6)仕上げ作業

 寸法確認、研磨、部品組立


(7)組立・調整作業

 最終調整(ダイスポットマシン)


(8)検品

金型製作は、切削加工機械による加工と非切削加工機械による加工が効率よく組み合わされてはじめて金型として完成に至る。最近では、加工機械技術の目覚ましい進歩により、数値制御方式を取り入れたNC加工機など、熟練のいかんを問わず作業者のだれが作業をしてもプログラム通り精度の工作物の得られるのが最大の特徴である。

いかにこれらの機械を金型製作工程に取り入れていくかが重要なポイントとなる。

閲覧数:335回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น

ได้รับ 0 เต็ม 5 ดาว
ยังไม่มีการให้คะแนน

ให้คะแนน

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page