top of page

ハイサイクル成形における計量時間の短縮②

更新日:2022年12月21日

成形サイクルにおける計量時間を短縮するために2種類の方法があります。

①複合動作による(計量中型開閉動作による)軽量時間の短縮

②比較的太いスクリューを使用し軽量時間を短縮すること


①複合動作による計量時間の短縮

②比較的太いスクリューを使用し計量時間を短縮

当社独自の可塑化計算能力計算法により、製品に合った最適スクリュー径を算出し

範囲内のスクリュー径を持つ成形機を選定する。

これは製品形状や肉厚により条件が異なります。


~関連記事~

閲覧数:140回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png

★月間アクセスランキング★

bottom of page