top of page

スタック成形(スタックモールディング)

更新日:2022年12月21日

スタックモールディングとは金型を2段構造にすることにより、通常金型に対して同じ型締め力で製品取り数を2倍にできる成形です。左右対称品に適しています。

メリット

・成形1ショットの生産数が2倍になる

・製品の総投影面積が1/2になるので成形機トン数を下げることが出来る

・金型費は通常の金型を2面製作する場合と比較すると一般的には安くなる

注意点

〇製品形状

・固定金型のセンターに樹脂経路が通るためTVフレームのような中央に穴がある形状

 または多数個取り/セット取りとして金型センターを避ける配置にする必要がある

・一定射出速度での成形となるので、平面で単純形状が望ましい

〇設備

・型厚が大きくなるのでデーライトの大きな成形機が必要となる。

・製品取出機はヘッドが2つのタイプのものが必要


~関連記事~



閲覧数:839回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating

プラスチックに関するお悩みは
解決しましたか?

トップページから目的の
コンテンツを探すことができます

23989485.png
bottom of page